ビットコインを担保に現金を借りることが出来るサービス

現在海外では、ビットコインなどの仮想通貨を金融機関に預けることで現金を借りることが出来るサービスと言う物が展開されています。何故、ビットコインと言う後から現金に変わる物を持っているのに現金にわざわざ変えて金融機関からお金を借りる必要があるのかと思われるでしょうが、これについては理由があります。まず、ビットコインは所有していて即座に現金化する場合手数料が発生する上、金額によっては即座に引き出すことは出来ません。

そこで金融機関が間に入ることで、一定額のビットコインの中から金融機関が貸し出すことが出来る現金を貸し出そうという仕組みが生まれたのです。その上で金融機関r保険を掛けており、一定額のみ貸し出すことと、ビットコインの値下がりを考えてある程度利子をつけて貸し出すというわけです。利子さえ払えば現金は自分の物になるわけですからビットコインが下落した場合でも両者ともに損害を被らないよう対策をしたうえで現金を貸し出しているわけです。

こうしたことを必要としている方がいるのかという問題ですが、マイニングで収益を得ている方は必要でマイニングで得た収益を即座に現金化することで収入としたいわけです。マイニングの場合、講座に含まれているものはマイニングに成功し報酬を得た仮想通貨であるため、投資家のようにたくさんの仮想通貨が口座内にあるわけではありません。それらを即座に現金化するには、手数料を第3者である金融機関に支払っても現金化したいというのが海外での仮想通貨事情です。

実は日本においても2021年に銀行が仮想通貨を担保に現金を貸し付けるサービスを展開しており、海外と同じように現金を渡した上で手数料を払うことで現金を自分の物に出来るようなサービスを提供しています。これらが日本で普及するかどうかについてですが、現在においては微妙な所で、一つはマイニングで収入を得ることが難しい国が日本であるため、日本においては資金をたくさん持つ投資家はあえて仮想通貨のままで保有し現金化しないのではないかと言われています。ただ、仮想通貨の価値が値下がりを見せ始めた場合、現金化を必要とするためこうしたサービスを利用する投資家の方は存在する可能性もありますが、現状においてはまだサービス自体が提供され始めたに過ぎませんので、現状でどのような問題や課題があるかについても判明してないです。

いずれにしろ、仮想通貨を担保に現金を貸し付けるサービスの危険性については、仮想通貨の大幅な値下がりが無い限り海外では安全であるとされています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする